部門紹介

リハビリテーションセンター Rehabilitation center

リハビリテーションとは、単なる機能回復訓練ではなく、心身に障害を持つ人々の全人間的復権を理念として、全ての患者さん個々の潜在する能力を最大限に発揮できるよう日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を可能にし、その自立を促すものです。そこで私たちは患者さんの身体・精神機能を見極め、患者さんとともに考え、地域の方々に求められるADL・QOLに直結したリハビリテーションを提供できるよう日々努力しています。

個人に合わせた適切なリハビリを提供

リハビリテーションセンターでは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのリハビリの専門家が、一人ひとりに合ったリハビリテーションを行います。

理学療法

理学療法では運動療法等を用いて機能改善を図り、また応用動作などを通じて能力向上を目指します。症状に応じ、電気・温熱療法などの物療療法も行ないます。

主な対象者

  • 脳卒中後遺症のある方、手術後の定期的なリハビリを受けたい方
  • 肩・腰などに痛みやこりのある方

作業療法

作業療法では精神機能面へのアプローチや、作業活動などを通じて機能改善を図ります。より生活場面に密着して、細かい日常生活に必要な能力の向上を目指します。

言語療法

脳卒中後遺症などで、食べ物が飲み込みにくい方、話しづらい方、に言語聴覚士がリハビリを行います。

症状改善のために、適切なアドバイスを行います。
お気軽にご相談ください。

0885-37-1559
お問い合わせフォームはこちら